白神二ツ森13.07.20 ジオパーク巡り13.07.21

県自然観察指導員の研修会に参加した。
由利本荘支部からは支部長・事務局・前事務局と私の4人。

本荘発7:00、9:00からの研修会だが、
あきた白神体験センター(はたはた館の隣で通路あり)着8:30で
会場の机を並べる手伝いができた。

白神が世界遺産になる前、青秋林道建設反対の運動をしていた秋田豊さん(薬師山の会長)は
釣り竿を折られるなどの嫌がらせを受けていたが、有名な哲学者を呼び、
秋田市でブナを守るシンポジウムを開いた頃から風向きが変わってきたと当時のお話をされた。

今回、現地ガイドを務めてくださる工藤英美さん
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/akita/feature/akita1207628016674_02/news/20121118-OYT8T00819.htm
は元理科の先生、その説明は的確で分からないことはハッキリそう仰る。

二ツ森への林道(青秋林道)終点に咲く白い花
誰かが「青森マンテマ」と言ったがもちろん違う。
宿舎の白神体験センターのホールに置かれた写真では「センジュガンピ」となっていて、まさか??
画像


画像


アリドオシラン(ピンボケ)
画像


二ツ森山頂で説明する工藤さん。大混雑だった。
画像

21日はジオパーク巡りだ。
まず、206m(ウオッちずでは208m)の糠森山に登る。
工藤さんから河岸段丘の広がりの説明を聞くが、いまいちピンとこない。

画像


その後「石の柱の集まり」を見学する。
画像


画像


画像


画像


画像


画像


青函トンネルの試掘跡
画像


なるほど、円柱状の石が海岸に転がっている
画像

"白神二ツ森13.07.20 ジオパーク巡り13.07.21" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント